出稼ぎのトラブル事例

このサイトを見てくださっている女の子には、トラブルに巻き込まれてほしくありません。 出稼ぎが初めての方はトラブルに巻き込まれないように、そして加害者とならないように目を通してほしいです。

お金関係のトラブル事例

例1:保証金がもらえると聞いてきたのに、満額もらえなかった

例2:出張の交通費がもらえると聞いて行ったら、もらえなかった

例3:別の出稼ぎの人よりも少ない金額しかもらえなかった

例4:寮に空きがないと言われホテルに泊まれと言われホテル代を自腹で支払わせられた

例5:スカウトサイトから届くオファーメールの内容と実際の内容が違った

例6:求人サイトに掲載されてる情報と実際の内容が違った

【対策】 そもそもお店側が嘘をついている場合もありますが、嘘でない場合も条件に満たないために保証などを出さないルールを設けているお店もあります。 ルールはあってもお店もケースバイケースで対応していることが多いので、事前にしっかりお店側に確認しておく必要があります。

寮の設備によるトラブル

例:寮が汚い

【対策】 寮に行ってみたらとても寝られるような状態ではないことがあります。女の子を大切にしないお店は「部屋があればいいんでしょ」「布団があればいいんでしょ」くらいにしか考えていないお店もあります。 自分だったらこの布団で寝られるか?自分だったらこの部屋で一週間快適に過ごせるか?という視点で寮を管理しているお店はいいお店と言えます。 りょうまるでは快適に過ごせるいい寮だけを紹介しています。

寮生活においての人間関係のトラブル

例:稼げていない女の子からのスタッフの悪口を聞かされる

お店の中には稼げる人もいればあまり稼げない人もいます。稼げるか稼げないかは女の子の資質によることも大きいものですが、稼げない女の子は稼げないことをお店のせいにしようとします。そしてそこそこ稼げている女の子にもお店やスタッフの悪口をいいはじめ、スタッフとの人間関係のこじれにもつながります。

【対策】 一旦人間関係が悪くなるとお店に居づらくなりますので、やめることが決まってもまた戻ってくるときのことも考えてスタッフとは仲良く円満な関係を築いておくことをおすすめします。

例1:同じ寮に住む女性に食料品を食べられた

間違えた食べてしまったのかもしれないし、故意の可能性もありますが、たくさんの女性が生活する寮では度々起こるトラブルです。

【対策】 寮にあるものはすべて私のものと勘違いされて食料品を食べられないようにすべてのものに自分の名前を書いておきましょう。 うまく寮を運営しているお店はルールを徹底して自分のものには自分の名前を書くようにしています。

寮を使う上でのルールのトラブル

例:寮に彼氏と住んでいたら追い出された

ワンルームマンションなど他の宿泊者やお店のスタッフの目の届かないことをいいことに、ホストを連れ込んだり、男を連れ込むケースがあるそうです。 寮は自分の家ではないので、風俗店の寮の常識として男性と住むことはNGです。

【対策】 誰と住んでいけないのは事前にちゃんと確認しておきましょう。 お子さんでしたら事情を説明して許可を取ることで認められることも多いので事前に相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする