新しいお店と古いお店はどっちおすすめか?

新しいお店、つまりオープンしたばかりのお店とオープンして5年以上経っているお店はどちらがいいのでしょうか?

新店であることを考えると業種はデリヘルの場合が多いと思います。 ファッションヘルスやソープランドでは法律上の規制で新規でお店を建設することはできないので、お店の買収以外にそうそう新店がオープンすることがないのです。

新しいお店の特徴

特徴1.新店と言っても既に実績のあるグループ店の可能性が高い
このご時世で単独で新しいお店をオープンさせることは少なくなってきました。お店を成功させるノウハウをもったグループ店が満を持して新しくお店を作った可能性が高いです。
つまり本部や近隣のお店のバックアップ体制があって、それなりに広告予算も投入しているため入店したはいいものの全く稼げないということはないと思われます。 だからといって女の子自身に稼ぎたい目標金額があるなら、わざわざ実績の少ない新店に飛び込むことはあまりおすすめできません。 社長や店長を知っていて信頼関係で新店オープン時に付いていくならいいかもしれません。
特徴2.店スタッフさんにとっても新天地の場合がある
新しいお店をオープンさせる場合グループ店が多いと言いましたが、いくらバックアップ体制があっても新天地で今までのノウハウが通用数とは限りません。それぞれの地域にはお客さんの特性が違っていて。お客さんの予算や職業によって集客方法も変わってきます。そういた理由から正直なことを言うと大きいグループだからといって成功するとは限らないのです。
特徴3.コンパニオンさんの在籍数が少ない。
オープンしたばかりのときはお店のスタッフも一生懸命休まずに働いていることが多いですが、求人にも手が回らず在籍人数も少なめです。そのためコンパニオンさん一人ひとりを貴重な存在だと思い、大切にしてくれる可能性が高いです。
特徴4.女の子一人ひとりを貴重な存在だと思ってくれる
テキスト
特徴5.寮や待機部屋の設備は不十分な場合がある
特徴6.高待遇で働ける
テキスト
特徴7.出稼ぎではなく普通に働いても保証がある
テキスト
特徴8.オープンから半年未満のお店はバタバタで女の子と会話やコミュニケーションを取る時間が少ないかも
テキスト

このことから何が言えるか考えてみると、一概に新しいお店だから絶対にこうだといか言えるわけではありませんが、

新しいお店で働くメリット

  • 在籍数が少ないうちは採用基準が甘くなることも
  • 寮や待機所の内装ができたばかりで綺麗

新しいお店で働くデメリット

  • 寮や待機所の掃除がお店の業務が忙しく疎かになりがち

古いお店で働くメリット

  • 新店よりも安定した収入が得られる
  • 新店と比べて指名が多い
  • テキスト

古いお店で働くデメリット

新しいお店が向いている人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする